第25回さぴあ作文コンクールが開催

こんにちは マロンです。

SAPIXの「さぴあ作文コンクール」が今年も開催。

今年で第25回目。

読書感想文といえば「青少年読書感想文全国コンクール」ですが、中学受験生には「さぴあ作文コンクール」のほうが人気。

毎年、課題図書発表と同時に即在庫切れや貸出中になります。

気になる課題図書は以下の通りです。

低学年向けの課題図書

低学年向けの課題図書は、梨屋アリエさんの『ココロ屋 つむぎのなやみ』です。

2012年度青少年読書感想文全国コンクールの課題図書『ココロ屋』の第2弾。

いろんなココロを試して自分を見つめ直すお話。

中学受験の心情問題への導入的な作品ですね。

高学年向けの課題図書

高学年向けの課題図書は、熊谷千世子さんの『星明かり』です。

少女の心の揺れを描いた物語。

いかにも中学入試の物語文に出題されそうな作品ですね。

熊谷千世子さんの『しだれ桜のゴロスケ』は、第30回読書感想画中央コンクールの課題図書に選ばれています。

さぴあ作文コンクールの応募要項

さぴあ作文コンクールの応募締切は2021年9月11日(土)まで。

各校舎の受付か郵送で提出。

字数はB4原稿用紙(400字詰め)2枚程度。

各作品ごとに大賞1名、優秀賞3名、さぴあ賞11名が選ばれます。

応募者全員に参加賞もありますよ。

もちろんSAPIX生だけでなく、他の塾生も応募できます。

国語の記述練習にもなるので、できるだけ応募したいですね。