灘と西大和の出典がかぶる珍事が発生

灘中学と2日目と西大和学園中学の入試が実施されました。

午前中の灘と、午後の西大和で国語の出典がかぶるという珍事が起きました。

小林武彦さんの『生物はなぜ死ぬのか』です。

灘と西大和を併願する受験生は多いです。

受験生はもちろん、作問者の先生も驚いたのではないでしょうか。

灘はもちろん、西大和も東大・京大合格者数ランキングでトップ10に入る超進学校。

両校の先生が入試問題として選んだ『生物はなぜ死ぬのか』は必読ですね。