低学年の先取り学習のメリットとデメリット

低学年の先取り学習のメリットとデメリットブログ

こんにちは マロンです。

低学年の先取り学習は大きな悩みのひとつ。

ネットニュースで「先取り学習はこんなに危険」「先取り学習の弊害」という記事を見ると、本当に先取り学習をしていいのか心配になります。

先取り学習のデメリットは小学生、特に低学年には負担が大きいことです。

また先取り学習のやり方を間違えると失敗します。

低学年から過度の詰め込み教育をした結果、受験学年を前に失速する子もいます。

本当に先取り学習は意味がないのでしょうか?

先取り学習のメリットは、学校や塾のカリキュラムに合わせるのではなく、子どもの進度に合わせた勉強ができることです。

最近ではネット記事やブログを見れば、先取り学習のコツやおすすめ教材がたくさん紹介されています。

算数の計算や国語の漢字なら市販ドリルを使ってどんどん先に進めることができます。

さらに中学受験の低年齢化が進んでいます。

SAPIXなどの大手進学塾の入塾テストで上位クラスを狙うなら先取り学習は必須。

入塾後も授業が理解しやすいと聞きます。

子どものタイプにもよりますが、できれば低学年から先取り学習をしたいです。